着物買取のことならここだ!!

査定額の値段がつかない?



 

 

 

 

 

Q:
  着物を売りたいです。
  以前、着物の出張買取に来てもらったことがありますが、
  そのときは正絹以外は買ってもらえませんでした。。
  正絹でも、昭和後期ものは柄に人気がないということで、
  端切れ代にしかならないといわれました。
  (大正や昭和初期の柄が人気だそうです。端切れ代として買われたものは、
    人形の着物にされるそうです)
  ブックオフ系の古着屋にもっていったときも、ウール3点、振袖1点、
  正絹小紋2点、草履・バッグ、フェザーファーストールを持って行って
  全部で2000円にもなりませんでした。
  今、また少し調べて「おたからや」というところに売ることを検討しています。

 

    http://otakaraya-kimono.com/
  こちらの評判や利用された感想など教えてください。

 

   ちなみに今回売りたいのは、
   ウールのアンサンブル、大島紬、袖を留めた振袖、雨コート、
   総絞りの羽織、男性用長着、羽織です。

 

A:
  残念ながら、記載のお品では、どこの買取り業者でも値段はつかないでしょう。

 

  ウールは「着物」としての価値はありません。普段着ですから。

 

  大島紬は、購入するときは結構お高い着物ですが、柄に流行や
  好みの差が大きく、中古売買は難しいとされます。

 

  袖を止めた振袖ですが、袖を切って、正装として使えるような仕立てになっている
  振袖は非常に少なく、切ってしまった振袖は、ほとんどの場合、振袖としても留袖、
  訪問着としても使えない非常に中途半端なものになります。

 

  雨コート、羽織も需要は非常に少ないです。

 

  男性物の長着と羽織は3号、4号くらいのサイズであればもしかしたら値段が
  つくかもしれません。
  ただし、身長が165センチ以下、あるいは180センチ以上の人用に仕立てられた
  サイズの場合は需要が少なく、買い取ってもらえないかもしれません。

 

  買い取り業者は在庫リスクを抑えなければならないので、
  上記のようなお品は難しいです。

 

  上記のようなお品なら、フリーマーケットやオークションのほうがよいと思います。
  最近は着物を、作法などにとらわれず自由に今風のおしゃれに合わせて
  着ることが一部で少し流行しています。
  そういう人たちには、袖を切った振袖やアンサンブル、羽織などは
  喜ばれると思います。

 

  ***********************************

 

 



 

⇒TOP ページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.